フィラリアの原因と症状

~正しく学びフィラリアを防ぎましょう~
フィラリアと聞けば、蚊を媒介してかかってしまう病気と思う方は多くいるかと思います。しかし実態についてはあまりご存じない人が多いかと思います。
フィラリアで愛犬が苦しむ姿は見たくないですし、最悪死に至る病気である事を頭に入れておきましょう。

※原因
フィラリアの別名は”犬糸状虫”と言う寄生虫です。
成虫はの姿はそうめんのような形状で30cm程度の長さにまで成長し、犬の心臓、肺動脈等に重要な部位に寄生します。フィラリアにかかった動物は、これが原因で血液の循環を阻害される為、呼吸に異常をもたらしたり、肝臓、腎臓等にも影響が及び、何れ衰弱していき、そのままでは死に至ります。成虫1~2匹の寄生だけで、咳等の症状が起こり、数十匹が心臓に寄生してしまうと大変危険な状態になります。

※仕組み
成虫は体内で幼虫を産みます。別名ミクロフィラリア
寄生されている血を蚊が吸血すると、蚊の内部で幼虫が成長する事により、感染能力を持った幼虫へと成長します。この幼虫を体内に持った蚊が犬に吸血した際、幼虫が蚊を媒介し体内へ入り感染へとつながります。その後、約3ヶ月間は、筋肉や皮下にて成長します。その後、静脈⇒血管⇒心臓の流れで、感染して約半年後、寄生部位に住みつき成虫へと進化します。

※症状
感染されても、即座に症状は発症しません。その多くは、年数を経てから症状が発症します。その為、発症して既に重篤という場合が多く報告されております。運動していないのに、呼吸がおかしい、咳き込む等が出始めの症状となります。やがて、元気が無くなる、散歩を嫌う、散歩中に座る、足元がおぼつかない、等の症状が出ます。その後、機能不全となり、苦しみ抜いた末に死へとつながります。

※予防さえすれば防げる
予防薬さえきちんと投与していれば100%防ぐ事が出来ます。
注意すべき点として、予防薬は”要指示薬”という点です。当然ではありますが、獣医じゃない人から譲られたお薬等を投与してはいけません。必ずかかりつけの獣医さんに血液検査や体重測定後に処方してもらいましょう。
理由と致しまして、フィラリア感染に気づかず予防薬を飲ませてしまうと、死んだ成虫が血管に詰まる事が原因で、突然死んでしまう事もあります。