フィラリア症とは

フィラリアとは、犬と猫に虫が寄生する事により発症する感染症とされ、生命あるいは健康を脅かしてしまう可能性の高い病気で平均的な寿命を下げてしまう原因の一つとされておりワクチン等で予防する事は出来ないとされていますが、予防薬が存在する為、定期的に投与する事で感染を防ぎ対処する事で出来るので感染しない様に予防薬の摂取が望まれています。
フィラリアの原因は、感染する能力を付けた犬糸状虫の幼虫が蚊により媒介され犬の血液を吸った際に犬の皮膚や筋肉に幼虫を寄生させてしまう事で発症するとされ、感染した部位に三ヶ月程成長を続け、後に静脈に入り込み血液の流れに乗り心臓や肺の血管に寄生するとされており、素麺の様な細長い体型となり、雌の場合は長いもので30cmにもなるとし、寄生した部位の血液中に含まれている栄養を吸う事で成長を続け増殖していくとされており、肝臓や腎臓等にも影響を与える事から様々な障害を来すとされています。
その症状の殆どが慢性的な経過を辿るとされていますが、場合によっては重篤なものが起こる事も有り、大静脈症候群とされる血管内で寄生虫が移動する事により血の混ざった血尿を排泄する様になり、呼吸困難に陥る事や虚脱、血流の循環不全が主とされ、この場合では薬剤投与により処置する事は難しく何もしなければ死に至るとされているので寄生虫を摘出する外科的な治療を受ける必要が有るとされており、慢性的な症状としては肺高血圧症が原因となり、二次的に複数の事が起こり心臓病を引き起こすとされ、その機能を低下させてしまう事により血液の循環が悪くなる事で各臓器が鬱血した状態となる事で生命を維持する為には重要な腎臓や肝臓あるいは肺等が機能不全となり、臓器へ与えてしまった影響は治療によっても戻らない事が有るとされています。
フィラリアは数年が経過しないと初期症状が見られない事もあり、専門医でも判断が難しいとされる事も有るので蚊の多い時期には予防薬を用いて感染を防ぐ事が飼主の義務にもなります。

フィラリアの原因や症状の詳細をくすりペットナビで調べる